独眼流正宗

独眼レフを操る 下手っぴ写真愛好家の場末の毒舌ブログです。「頭の中に漠然とある感覚や印象を、気分や感情に左右される事なく、言葉や文字に置き換える時に、それらは初めて明確な意思や思考になる。」そのための自己反芻のようなモノでもあるので、興味のない方はスルーして下さい。

寿司を旨そうに撮るのは難しい…。

緊急事態宣言における、おうち時間の活用術として新たな被写体チャレンジをしていますが、そのひとつが食べ物。やってみるととても難しいです。

仙令平庄さんという、筆者のお気に入りの魚屋さんで生の本まぐろと真あじの握り寿司を買ってきました。冷凍にはないトロけるような口溶けと旨味はパック寿司とは思えない美味しさです。

 

f:id:muramasachang:20210901205248j:imageNikonDf+Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

いやぁ難しい。逆光気味にライトを左右から当てて撮りましたが、微妙な1/3段のシャッター速度の違いで写りがガラッと変わります。

 

f:id:muramasachang:20210901215317j:imageNikonDf+Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

特にこの大トロは正解が無いような難しさ。写角、ライティングの角度、いろいろ試してみましたが正解がわかりません。

 

f:id:muramasachang:20210901214827j:imageNikonDf+Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

あじの方も勿論、生で鮮度が抜群です。光モノ特有のフォトジェニックさがあって、それほど悩まずに撮る事ができました。

大トロに比べて切り口がビシッとしているだけでなく色彩が単一でない分、色のトーンがあるから撮りやすいと感じました。

 

食べ物フォトは本当に難しいと思います。撮影後に食べてみて、まだこの美味しさを写真で伝えきれていない!と、思いました。

おうち時間の活用で、今まで挑戦してなかった被写体に向き合う事で写真の幅が拡がればと考えています。

写真を撮りに出れない…とマイナスに捉えるか、新たな成長の糧にするか?は、考え方次第ではないかと思うのです。

また撮りたい食材があったら、時間を惜しまずチャレンジしてみようと思います。

 

 

 

Smith&Wesson M19 Combat Magnum

筆者が子供の頃に最初に憧れたのが、Smith & Wesson社リボルバーであるM19 Combat Magnumでした。

f:id:muramasachang:20210831180058j:image©️Smith&Wesson公式HPより

画像は復刻モデルで幾つかマイナーチェンジされた箇所がありますが、今も販売している現代版M19になります。

ルパン三世次元大介の銃…として長年、有名ですが、実は次元の銃はM27だという説が有力です。

 

M19は.38special弾のパワーアップバージョンである.357magnum弾が撃てる、小型で携帯性の高い銃として人気でした。

口径の大きな.44magnum弾は強烈な威力の弾丸でありながら、主にハンティングのお供に使われていて本国アメリカでも一般には殆ど知られていなかったそうです。銃とはセルフディフェンスの道具であり、暴漢を退散させられれば目的を達するので、猛獣を一撃で倒すような威力は求められていなかったのです。

それを一躍有名にしたのがダーティーハリーことハリー・キャラハン刑事のこの台詞です。

おっと!お前さんが、今なに考えているかわかるぜ…。俺が六発撃ったか、それともまだ五発かと考えてるんだろ?実のところ、こっちもつい夢中で数えるのを忘れちまったんだ…。幸い、これは44magnumっつって世界一強力な拳銃だ。お前の頭なんて一発で吹っ飛ぶぜ。楽にあの世までいけるんだ…運さえあればな…。どうする?なあ?

山田康雄さんに合わせて筆者が若干アレンジしてますが、この台詞でアメリカ中のガンショップからM29が品切れになったそうです。

実はこの時すでに.454カスール弾があったので、世界一ではなかったのですが、それは置いておきましょう。笑

 

つまりリボルバーは、より口径の小さなモノが一般向けで、その中でも威力がありながら低反動、低音量、そして価格もお手頃だったのが.357magnum弾を使用する銃だったのです。人気を二分したのが、このM19Colt社のPythonでした。

しかし、M19は小型軽量のKフレームという.38special弾のためのフレームなので、.357magnum弾を撃ち過ぎると歪みや暴発事故の原因になると発表され、以後Colt Pythonの一人勝ち状態になります。(2014年の復刻モデルから材質を変えてM19の.357magnum弾での耐久性問題は皆無になりました)

前述の次元大介M27は.44magnum弾用のM29と同じNフレームを.38口径に流用したモデルで.357magnum弾と同時に発表された銃でした。「マグナムに拘るシューティングマスターの次元がM19を使う筈が無い」というのがルパン好き、ガンマニアの見解のようです。因みに筆者の好きなシーズン2には「荒野に散ったコンバット・マグナム」(EP99)という話があるのですが、それはディテールに拘らなかった時代の産物として葬られているようでした。笑

f:id:muramasachang:20210829173431j:image

五右ェ門が次元の果たし合いを阻止すべく、果たし合いの相手と先に決闘して始末してしまおうとしたり、お節介と思えるほど仲間想いな描写があって好きなエピソードだったのですけど。笑

 

話は銃に戻しましょう。苦戦を強いられたM19ですが、70年代に.38special+Pという高威力な弾丸が発売されると、持ち前のスマートな見た目と携帯性で再び人気を取り戻したのだそうです。ステンレスモデルのM66なども大変な人気だったとか。

 

筆者が最初にM19を意識して見たのは、月刊Gun誌の永田市郎氏(当時)の写真でした。スマートなフレームバランスに黒光する光沢。神保町の古本屋で見たその雑誌の写真に釘付けになったのです。

ただし当時のモデルガンは子供だった筆者が見ても、高い金を出して買う価値の無いほど安っぽいディテールでした。日本のモデルガンはイチローナガタ氏が1980年頃から国際興業(廃業)のアドバイザーになったあたりから飛躍的にディテールが進歩しますが、それまでは子供騙しの蛇足パーツ過多、ディテール無視の完全なオモチャが多かったのです。

80年代初頭といえば空前のガンダムブーム。設定にない蛇足パーツとカラーリングだったクローバーの超合金ガンダムが売れず、バンダイガンプラが大ブームになりました。それまでの玩具メーカーの「なんでもかんでもゴテゴテ付ければ喜ぶはずだ」という、子供騙しの安易な発想からの変換期だったのかもしれません。

 

 

 

今回、入手したコクサイのM19モデルはスーパーリアルポリフィニッシュという仕様のもの。写真では良い感じですが、実際はかなりプラスチッキーです。コクサイには当時、金属パーツを多用し、スーパーリアルフルメタルフィニッシュという実銃同様の塗装後、専用スタッフによるハンドメイド研磨をしていると宣伝していたモデルもあった筈なのですが(うろ覚え)これは普通の塗装です。

 

f:id:muramasachang:20210831154026j:image

照明を当ててiPhoneで撮った写真だと、そこそこルックスが良い感じですが…

 

f:id:muramasachang:20210831154502j:image

金属パーツであるエキストラクターロッド(エジェクターロッド)とじっくり見比べると、やはり樹脂っぽさが目立ちます。写真だとそこそこ金属っぽく写ってますが、質感は子供の頃に持っていた薬莢エアコッキング式のてるてる坊主のような弾丸(つづみ弾)のエアソフトガンと同じです。

 

そして最大の欠点はサムピース下にトレードマークの刻印がない事です。

これはもう、レーザー刻印を請け負ってくれる業者に頼むか、ジャンクパーツから移植するしかないかもです。

 

どうせ、このご時世でお出掛けが憚られるので、知恵を絞ってディテールのリファインをしていこうと思います。

 

 

「モロッコ、彼女たちの朝」

どうしても観たくて「モロッコ、彼女たちの朝」を小規模劇場で鑑賞してきました。

ウェブでたまたま画像を見つけて、その画面の綺麗から興味を持ったためです。

 

映画『モロッコ、彼女たちの朝』公式サイト

 

婚前交渉が不貞とされ、未婚の母やその子供があからさまに差別されるモロッコ。そのモロッコ初の長編映画がこの「モロッコ、彼女たちの朝」です。

 

この映画を通じて、我々が知らなかったモロッコ社会が抱える問題…女性の権利や地位が社会的に全く守られていない旧態依然とした価値観が重んじられているモロッコの現実が浮き彫りになりました。

 

ストーリーは妊娠して男に逃げられ、ホームレスとなって街を彷徨う臨月の女性と、夫に先立たれ細々とパン屋を営みなが独りで娘を育てるシングルマザーの心の交流と葛藤…ネタバレになりますが、結論は観ている人それぞれで考えるように唐突に終わります。

 

建前、見栄、意地…そして何よりも重要な世間体。苦悩するモロッコの女性のそれぞれの価値観に、屈託のない娘の視点が加わる事で作品に深みが加わります。

建前や世間体を気にしない子供の視点は、実は私達傍観者の視点でもあるのです。

 

 

f:id:muramasachang:20210827093322j:imagelongride公式HPより

映像的には、一貫して柔らかい光が画面を潤す、綺麗な絵作りの映画です。

くっきりはっくりのハリウッド映画とは違い、画面全体にフォーカスが来ている瞬間は極少。その浅い被写界深度で、常に背景ボケをしているこの映画の世界観はフェルメールの絵画が動いてるかのような美しさでした。

 

最初は、ひとつの画面に収まっていても一人にしかピントが合っていません。ピントをもう一人にパンすると元々ピントがきていた人物がボケる。屈託のない娘とは、それぞれ同じピントに収まるのに、大人同士だと別々。

f:id:muramasachang:20210827094754j:imagelongride公式HPより

それが彼女達の距離感でした。しかし紆余曲折の末、打ち解けてくるに従って同じ画面の同じ被写界深度に、徐々に収まってくる二人。映像としての心理描写の見事さに感服しました。

f:id:muramasachang:20210827094558j:imagelongride公式HPより

 

とても重い内容の社会派映画です。しかし台詞回しとは違う、俳優さん(子役も見事の一言です)の表情と空気感の演技の見事さと、美しい絵作りで、重苦しいだけの映画ではありません。

目をを瞑って見ないようにしている、それぞれが抱える問題に、互いが鋭く指摘し合うような関係になり、笑顔も増え、観ている我々も救われます。

 

 

筆者が最も感心したのは、モロッコ政府がこの映画に出資している事です。

世界配給になり、自国の人権問題が浮き彫りになりかねない映画です。旧態依然な価値観の国では政府から圧力こそあれ、バックアップがあるとは思ってもみませんでした。

政府が現状を良しとしていなくて、自国民や海外に対して問いかけをしているのだと思います。

井の中の蛙で、国民の価値感に男尊女卑が根強く残るだけで、モロッコという国の政治は我が日本より遥かに成熟しているように感じました。

いや、日本があまりにお粗末なだけなのかもしれませんね。

人権だの、人道だの、平等だの、民主だの、耳障りの良い言葉ばかり並べるだけで、実際は富める者を肥えさせる政治しかない日本。

井の中の蛙は実は、わたし達の方なのではないか?そんな事も同時に考えさせられた映画でした。

 

 

お薦めです!

 

 

 

 

 

 

 

 

『 今月のGun 』Beretta M92F

f:id:muramasachang:20210825051302j:image

 

 

Berettaを撮るにあたり、先ずは小物の選定をしました。雰囲気作りのためにミリタリー系のzippoを置く事にします。筆者が所有しているミリタリー系は二つ、ブルーエンジェルスとネイビーシールズです。

 

f:id:muramasachang:20210823090627j:imageNikonDf+Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

見た目的にはネイビーシールズが良いのですが、調べてみると海軍海兵隊にはBerettaは採用されなかったとあるので、ここは最初に正式採用を決めた空軍系のブルーエンジェルスを使うことにします。残念ですが、ネイビーシールズzippoはまた他で使える事もあるでしょう。

 

f:id:muramasachang:20210825054822j:imageNikonDf+Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

実際の9mm弾のプライマー(銃用雷管)は、ニッケル製と真鍮製があります。プライマーがシルバーだと見慣れていない日本人には「おもちゃならでは」に見えてしまいそうなので塗装も考えたのですが、このままシルバーでいく事にしました。

 

f:id:muramasachang:20210825054841j:image

 

 

実際には角度の関係でプライマーは写り込んでませんが「神は細部に宿る」と言う言葉があります。最近はスティーブ ジョブスの発言のように扱われたりしていますが、元は欧州の建築の世界から生まれた言葉のようで、まだ建築家が様々な日用品のデザインをしていたマルチだった時代の名言です。

ミース・ファン・デル・ローエル・コルビジェなどが好んで使ったようですが、実際に誰が最初に使ったかは定かではないようです。

 

多くの人が気にも留めないような細かいディテールに注意が払えなければ、全体の出来も監修の甘い「それなり」の出来にしかならないという事。

日本の古い木造建築なども修復すると、外からは見えないような箇所も、見事なほど丁寧に細工や加工が施してあるのだそうです。

筆者はガンマニアではありませんが、ハリウッド映画の中のおかしな日本の描写のように、銃が好きな人に見られて「なんだこりゃ?」となるような写真にしたくはないのです。実際は、ツッコミどころがあるかもですが、マニアから見て許せる範囲内というのがあると思うのです。

 

 

撮影にはオールドレンズのMicro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5を使いました。当初は赤い布の上にでも置こうと思いましたが、同じイタリア製の革ジャンの上に置いてみました。

本来は黒い物を黒の上に置くのはご法度ですが、Berettaの塗装など、見た目の処理に時間をかけたので、金属(風)とグリップの樹脂、そして革のそれぞれ質感の違いがキチンとコントラストになり、シックな画面に仕上がっていると思います。

 

今回、たまたま安く手に入れたモデルガンをモチーフにしましたが、暫くおうち時間が続くと思うので、毎月一丁くらい安いのを仕入れて、見た目の処理をした上で作品撮りしていきたいと思っています。

 

ブツ撮りするは我にあり③

筆者がこの記事を書く一番の理由は、最近の、買った瞬間から、誰もが失敗せず写真を撮らせてくれるカメラの普及シャッターひと押しの重さが失せているように感じているからです。

 

瑠璃光院のテーブル紅葉、明月院の紫陽花、ひたちなかネモフィラ、只見川第一橋梁の俯瞰写真、ウユニ塩湖みたいな写真が撮れると自治体が率先して宣伝しているリフレクションスポット…etc.etc.。

SNSに載せるために、約束された絶景スポットにただ出向いて撮るだけの人が大量にいます。本人には自慢の作品群なのでしょうけど、筆者には飽きるほど撮られた場所での似たり寄ったりの画角からの焼き直し写真の羅列塗り絵の下地にしか見えません。

決められた場所に行けば良いだけなら、時間とお金があれば誰にでもできるからです。

似たり寄ったりの画角だから、塗り絵的にどんどんレタッチが激しくなっていくのでしょう。

 

筆者にも夢はあります。自分で探し出した無名のスポットを発信して人気になれば、それこそが自身の写真活動における最高の瞬間だと考えています。なので、今は緊急事態宣言下で難しいですが、時間があれば人の手が加わっていない山の中や滝などに極力出向いて撮影したいと思っています。

なので、時間があるからあの映えスポットに行こう!みたいな考えは筆者の中にはあまりありません。綺麗なモノをこの目で見たい感覚はもちろんありますが。

 

そんな昨今の写真趣味を取り巻く流れは、もう仕方ありませんが、シャッターひと押し、一枚の絵を撮るために、どれだけの心配りと労力を向けられるか?が、この撮影の本質だと考えています。

あとで加工すればなんとかなる…では、本当にカメラが撮らせてくれた写真を派手にレタッチするだけの、なんの個性もない塗り絵のような写真にしかならないと筆者は思っています。

 

 

さて、ブツ撮り準備に戻りましょう。モデルガンは初めての被写体なので一旦ここで試写してみたいと思います。

 

f:id:muramasachang:20210815235152j:imageNikonDf + NIKKOR-S Auto 50mm F1.4

一灯だけ照明を当てて、50mmで質感などを確認です。迫力が欠けているので撮影の時はもう少し広角で撮った方が良さそうです。

ディテール的にもスライド部分は艶消し塗装して磨かない感じにした方が良いかもしれません。照準用の白ドットや、セイフティーの赤ドットに木工用ボンドを塗って、硬化を待つ間にツルツルの表面にスポンジ研磨剤で細かな線を入れます。ヘアラインと呼ばれる仕上げが粗っぽい金属製品の切削痕みたいなものが表現できれば良いな…と考えての事ですが、モデラーではないので結果は予想できません。

 

f:id:muramasachang:20210816121620j:image

刻印の文字を塗り潰さなさないようにサッと塗装します。キャロムショットの塗料は本当に優秀です。速乾な上に薄塗りでも質感があります。

 

f:id:muramasachang:20210816121756j:imageNikonDf + Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

研磨剤ではなくメラミンスポンジで磨いて組み上げてみました。塗装前に研磨してるので成型時に刻印を押した時の歪みや盛り上がりも平らにする事が出来て、それなりに満足な仕上がりになりました。

 

f:id:muramasachang:20210816221357j:image

塗装前には同じ質感だった未塗装のグリップ部分と比較すると、差が一目瞭然です。

 

f:id:muramasachang:20210816221620j:image

アングルを少し変えて別アングルから撮っても、はっきりと塗装した本体部分との違いが判ります。

グリップ部分をどうするか?は、まだ悩みどころですが、小物をもう少し集めたら撮影できそうです。

 

一旦終了

 

 

 

 

ブツ撮りするは我にあり②

塗装にあたり、通常分解ではバラせないパーツがあります。決してガンマニアではありませんので、外してしまって上手く戻せなくなってしまっては困ります。そこでマスキングして塗装する事にしました。

細かい部分はマスキングテープではなく、筆者は木工用ボンドを用います。

f:id:muramasachang:20210813221859j:image

子供の頃のプラモデル作りで培った技です。現代のように継ぎ目がピッタリ合うプラモデルなど皆無。最近の接着剤はプラスチックをゆっくり溶かして継ぎ目を消してくれるようですが、筆者が子供の頃は、継ぎ目の段差にパテを盛り、乾いてから鑢がけをして塗装…の手順を延々と繰り返すのがプラモデル作り。

フィルム時代の写真がそうだったように、経験の無い人がいきなり上手く出来るなんて事は皆無でした。アマチュアでも巧いフォトグラファーさんや、巧いモデラーさんには憧憬の眼差しが向けられたものです。

 

f:id:muramasachang:20210813221951j:image

細かいパーツに木工用ボンドを塗って、透明に硬化するのを待ちます。

 

f:id:muramasachang:20210814073256j:image

その他のパーツにもマスキング。なんだか模型系のブログになってますが、ブツ撮りの為の行程ですのでお間違えなく。笑

 

f:id:muramasachang:20210815114655j:image

サッと塗装します。乾きが早いので数分で硬化します。

 

f:id:muramasachang:20210815213012j:image

爪楊枝なとで引っ掛けると木工用ボンドは簡単に剥がれます。なるべくてんこ盛りにしておいた方が固まるまでは遅いですが剥がしやすくなります。

 

f:id:muramasachang:20210815213207j:image

金属のパーツに塗装が乗らずに済みました。

 

f:id:muramasachang:20210815213257j:image

マスキングしているのでスライド部分に変な干渉もなくスムーズに動く筈ですが、仮組みして確認します。

 

f:id:muramasachang:20210815213611j:image

キャロムショットのブラックスチールは塗装しただけだとただの艶消しブラックです。未塗装のスライド部分と見比べてもあまり違いがわからない感じではあります。肉眼で見ると明らかにプラスチッキーな感じは失せているのですが、写真の被写体としては、もっとスチールに見えてくれないと困ります。

 

f:id:muramasachang:20210815214149j:image

しかしスポンジ研磨剤で磨くとご覧の通り。未塗装のスライド部分やグリップパーツ(プラスチック製)と見た目にもはっきり質感が変化しているのがiPhoneの写真でも解ります。

 

f:id:muramasachang:20210815214501j:image

拡大撮影すると更に判ります。プラスチックの塊がスチールのような質感を帯びてくる。手をかければかけるほど、違いが出てくるので作業としてとても楽しい時間です。筆者はモデラーではありませんが、少しだけ彼等の愉しみを解った感じがしました。

 

 

しかし、このままだと、本当にiPhone撮りの画像だけが暫く並んでしまうので、先日整理券が手に入って行ってきた多摩動物公園で撮った写真をおまけ掲載します。

 

f:id:muramasachang:20210815055740j:imageNikonDf + SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

 

f:id:muramasachang:20210815060018j:imageNikonDf + SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

 

つづく

ブツ撮りするは我にあり①

コロナ禍で撮影外出もままならない昨今、みなさんはどんな写真活動されてますか?

筆者は出掛けられないなら室内活動ということで、ブツ撮りに勤しむ事にしました。

 

元々、子供の頃にやりたかったのが、月刊Gunのような拳銃フォト。カメラはあっても、撮影用の照明設備も、チャチに見えないリアルなモデルガンも高価で手が出ず、いつの間に忘れていた「やりたかったこと」になってしまっていました。

f:id:muramasachang:20210808214130j:image©️月刊Gun 国際出版株式会社

 

とはいえ、パッと撮って良く写るようなモデルガンやガスガンは、相当お高いのは今も変わらずです。それなりに塗装、その他に手を入れなくてはおもちゃを撮った感じになるだけで、被写体として魅力的にはなりません。

練習がてら造形はしっかりしているけど少々プラスチッキーな中古モデルガンを入手しました。

 

ちなみに筆者が好きなのは、リボルバーではCOLT Pythonや、Smith & WessonM19シリーズの系統である357マグナム弾を使うフレームが巨大過ぎないもの。そして自動拳銃ではガバメントモデルとして有名なCOLTの45口径M1911。特にA1言われる1926年代以降に作られた軍用の無骨なタイプが大好きだったりします。

そして、もう一つが今回入手したイタリアのPietro BerettaM92シリーズ。改良されたり、アメリカ軍に採用された際に独自の名称が与えられたりでモデル名が複雑ですが、ベレッタM92Fなどと呼ばれる事が最も多い9mm口径の自動拳銃です。

このベレッタM92シリーズは、ダイハードでジョン マクレーンが、リーサルウェポンではリッグス刑事が劇中でこれでもか!と、撃ちまくった事で、アメリカだけでなく日本でも80年代後半から人気が爆発しました。

 

モデルガンメーカーのマルシンが作るM92Fは造形がしっかりしていますが、一眼レフなどできちんと撮ろうとすると、質感がリアルに写るためにかなりプラスチッキーになってしまいます。

通常分解したスライド部分です。

f:id:muramasachang:20210808223143j:image

手前に置いた金属製のマガジンと比べたら、簡易的なiPhone撮りでも樹脂っぽさ丸出しです。

そこで先ずは塗装をし直す事にしました。

このキャロムショットのブラックスチールは、ただスプレーしただけだとただの黒ですが、スポンジ研磨材で磨いて、メラミンスポンジで艶出しすると、光の当て方ではなかなか素晴らしい光沢がでます。

f:id:muramasachang:20210808223433j:image

スライド上部、ベレッタの特徴のひとつである剥き出しになっているバレルだけ、サッと塗装して磨いてみました。室内灯でもなかなかの光沢が出ています。

f:id:muramasachang:20210808223813j:image

火薬で発火して遊ぶ用ではなく、撮影用のよりリアルに見えるダミーカートも入手しました。

暫くは、銃の塗装などの準備をしたり、写活のための細やかな楽しみができました。

 

つづく